オランダのジャズミュージックシーンから躍り出たエキゾチックな歌姫カロ・エメラルド。

1950年前後の古き良きアメリカ映画音楽をベースに、現代のアシットジャズやヒップホップのエッセンス香る、おしゃれ なダンスミュージック。(踊るリッツの夜)のタコ(古い!)や(Hyper Beat!)のダルファーなど、オランダポップスは時々 僕の胸にドーンと突き刺さります。