時事ネタ一覧

《平昌オリンピック》スピードスケート 女子500m 極限を越えた魂の競い合いに、日韓関係における一条の光を見た。

開幕まで、関心の薄かった《平昌オリンピック》 しかし、いざ開幕し日本選手の活躍を目の当たりにすると、俄然盛り上がりを見せる日本国民。その、アホな国民の一人である僕の心に刺さったシーンが、《スピードスケート女子500m》小平奈緒とイ・サンファの、このシーンでした。

あぁ麗しの昭和歌謡曲⑤ 沢田研二《君をのせて》 時代と共に変化してきた《君》。そして今のジュリーにとっての《君》とは何か?

言わずと知れた、沢田研二のソロデビュー曲。美しいストリングスのアレンジは、当時の昭和歌謡曲のなかでもひときわ美しく、ミュージカル的で、スケールの大きな多面性を持った楽曲でした。それほどヒットはしなかったのですが。僕の中では、ピーナッツ《恋のバカンス》と並んで、宮川泰・岩谷時子コンビの最高傑作なのです。

M-1予選《Dr.ハインリッヒ》は今年も面白かった!なのに何故? 今年こそ決勝の舞台に立つイカした二人を見てみたかったのだが……。

今年も、M-1の決勝進出の夢は叶わなかった《Dr.ハインリッヒ》。この漫才スタイルは、いつまでたっても評価されないのか? 今のままの不遇がこれ以上続くと、関西漫才界の至宝は本当に羽衣をまとって天空に飛んでいってしまうぞ! それで良いのかーー...

《沢田研二 50周年記念LIVE》観戦記 50年50曲・豪華絢爛!百花繚乱!ジュリー狂乱! その時々に咲かせた花々が、今宵一夜にして咲き誇る!

ジュリー69歳!今なおステージ上で戦っております。今年還暦のジジイが見た《沢田研二 50周年記念LIVE》鳥栖市民文化会館大ホール大会。徹底的主観で語る、沢田研二の現在。※本来は鑑賞記なのでしょうが、ジュリーは未だ戦っているので、観戦記といたします。

《かまいたち》キングオブコント2017優勝おめでとうございます! 関西芸人のお笑いオールラウンダー、満を持して東京進出!

《にゃんこスター》ではありません。優勝したのは《かまいたち》なのです!爆発的なインパクトで今年の《キングオブコント》の話題をかっさらっている感のある《にゃんこスター》の影で、着々と東京進出の準備をしているであろう《かまいたち》。あなた達の時代ははたして来るのか、来ないのか?